未分類

癌のリスクを高める食材

癌のリスクを高める食材を紹介します。

絶対に食べてはいけない!ということではありません。
加工肉は私も大好きですし、豚肉や牛肉も大好きです。

下記のことを理解した上で上手に摂取すればよいと思います。
たまにゲルソン療法で紹介されているニンジンジュースなどでバランスよく食生活をコントロールできればいいですね。

4足歩行の動物のに肉について

4足歩行とは牛・豚がメインになります。どうしても肉を食べたいときは鳥にしています!なぜ4足歩行の動物がだめかというと4足歩行の動物のたんぱく質を過剰にとると肝臓の酵素反応が活性化して癌を促進するとされていいます。。癌治療中の人は半年から1年は口にしないほうがよいでしょう!

海外(アジア圏)では「赤い肉」と「白い肉」と分別され「白い肉」を食べることが推奨されています。

白い肉とは

魚の肉、鶏肉などを意味します。

塩分の取りすぎに注意

塩分の取りすぎはミネラルバランスを損ね癌体質を招きます。癌治療中の人は限りなく無塩を意識しましょう!東北に住んでる方は塩につけた加工食品を多く摂るので癌の発祥は東北地方が多いと言われています。塩分は普段から意識してください。

動物性油脂

ラードやバターは体内を酸化しやすいのでなるべく避けた方がよいでしょう!特にマーガリンなどは米国では有害な食材とされています。朝パンでどうしても動物性油脂を取りたい時はマーガリンよりバターの方が良いみたいです。やっぱり食べたい時あります。

タバコ

私は癌を経験してからきっぱりとやめました。タバコを吸うと体内のビタミンが消費されてしまい癌になりやすい体質になります。なのでレモンが癌に効果があるということですね。