未分類

女性のがん死因原因トップの大腸がん

女性のがんの死因原因の1位は大腸がん。背景には食生活が欧米よりりになったとありますが過度なダイエットや排便の習慣も大きくかかわっているようです。さて、ゲルソン療法をもちいて大腸がんに有効と期待できる食材が「リンゴ」です

リンゴは腸内環境を整え消化器系のがんに効果が期待できる食材として注目されています。。ニンジン+レモン+リンゴの組み合わせはやはりゲルソン療法の王道ですね。

リンゴがなぜ消化器系がんに有効なのか

リンゴとゲルソン療法
「リンゴが赤くなれば医者は青くなる」ということわざは一度は耳にしたことがあるのはないでしょうか?

そうリンゴは健康パワーをたくさん持ってる食材ですリンゴに多く含まれる「ペクチン」は腸内環境を弱酸性に整えることでアルカリ性を好む悪玉菌の活動を抑える働きがあります悪玉菌が多いことは望ましいことではありません。少ない方が良いに決まってます。

悪玉菌は腸内のタンパク質を腐敗させ毒素をだします。これが大腸がんの原因となるとされています。

リンゴに含まれるペクチンは毒素物質を吸着して大便と一緒に排泄させる働きがあり大腸がん予防に効果が期待できる食材です。

ゲルソン療法でリンゴ+ニンジン+レモンのジュースを飲むということは

リンゴ人参レモン
  • リンゴ:腸内から発がん物質を排出する
  • レモン:抗酸化し癌細胞が好むアルカリの状態を回避する
  • ニンジン:ミネラルバランスを整えカリウムで体を正常な状態へ

こんな癌に有効的なジュースはないでしょう!