未分類

ゲルソン療法に登場するコーヒーエネマとは

ゲルソン療法を確立したゲルソン医師ですが、当時戦場で怪我をした兵士の痛みを取るのに使用していたようです。

コーヒー浣腸(コーヒーエネマ)を行うことで多臓器不全を回避できることを発見したことから今日でもゲルソン療法とセットでコーヒー浣腸(コーヒーエネマ)が推奨されています。

ちなみにエネマとは日本語で浣腸を意味します

そもそも何で浣腸をしなければいけないのか?

ゲルソン療法を実践すると、効果が表れるとすべてのガン細胞が一斉に崩壊し、大量のガン毒素が癌細胞から血液中にながれ正常な細胞を障害します

コーヒー浣腸(コーヒーエネマ)を行うことで副交感神経が刺激され肝臓の動きを高めます。と同時に血液中に流れ出たガン毒素を肝臓が解毒し胆汁の中に効率よく排泄する効果があるのです。

コーヒーはのんではだめか?

コーヒーは飲むものだと思いますが、浣腸ではなくて口から飲んで自然に排出するのではダメか?

まずコーヒーを口から飲んだ場合副交感神経が刺激され肝臓の働きを一時止めてしまいます。

コーヒー浣腸を行った場合
大腸から吸収されたコーヒーカフェインが副交感神経を刺激し肝臓の働きを高め有害物質を排出するのです

こんな違いがあるんですね。

医療関係者でない限り個人での実践は控えるように

コーヒー浣腸はリスクも大きいので理解しておくように。

意外と個人で実践して事故を起こす方が多いようです。これは医療行為なのでできる限り専門機関の指導を受けたうえで自己責任で行ってください。