ゲルソン療法で大事なのがカリウムを多く摂ること!そのためにはジューサー選びが大切になります。ゲルソン療法を実践してわかった失敗談と美味しいジュースを作るポイントを教えます。癌知らずの体作りを目指します

ゲルソンジュースを作ってみるー重曹を活用

重曹を活用

今回はにんじんをメインとしたゲルソンジュースを作ります。
なぜにんじんがいいのか?それはカリウムを多く含んでいるから
にんじんといえばベータカロチンなどのイメージありますが
ガンに効果的と言われるカリウムを多く含んでいるんです

  • にんじん × 2本
  • レモン × 1個
  • リンゴ × 1個

重曹で農薬を取り除く
そして何よりも重要なのがせっかく生ジュースを飲むのだから食材が大事!
食材は皮に一番栄養があるといわれています。
皮はピラーなどで取り除いてしまってはもったいない!

ですが無農薬の野菜を毎日摂取したのではエライ出費ですよね。
そこで登場するのが重曹!

重曹は食材に付着している農薬やつやを出すワックスなどの不純物を取り除いてくれます。
なので私はジューサーに付随しているジュースを搾った時にでるカスをキャッチする受け皿を
つかってこんな感じで農薬を除去します

重曹を使う
重曹で農薬や艶出しワックスを取り除いたリンゴです
重曹で農薬を取り除く
これで皮ごとジューサーに投入することができます
皮を取り除いていないので栄養たっぷりです。

重曹は水1リットルに対してスプン一杯を目安に重曹水を作ります。
そこに食材を入れて30秒から1分を目安に重曹水に素材を漬けます
つけ過ぎは逆効果なので時間は守るように!
ちなみに重曹はドラックストアで250円で買いました。(600g入り)


これが不純物を除去したあとの重曹水。何かが浮いている。
重曹水

使用したスロージューサー


関連記事

ゲルソン療法 おすすめスロージューサー